AMH(アンチミューラリアンホルモン) - 愛知県春日井市の浅田レディース勝川クリニック-不妊治療/体外受精1
​ ​

TOP > AMH(アンチミューラリアンホルモン)

AMH(アンチミューラリアンホルモン)

AMHとは・・・卵巣の予備能を知り治療の可能性を探る検査

卵子の推移 AMHとは、発育途中にの卵胞の周りにある細胞から分泌されているホルモンのことです。別名を抗ミュラー管ホルモンともいいます。
 このAMHの血中濃度をはかることで、卵巣の中に残っている卵子の数(卵巣予備能)が推測できるという事です。
 卵子を育てる卵胞の元になるものを「原子卵胞」といいます。原子卵胞は生まれる前、お母さんのおなかの中にいる間に500万から700万個作られていますが、生まれる時点で、約200万個に、月経が始まる思春期ごろには30万個に減り、思春期以降も一ヶ月に約1000個ずつなくなっていくと言われています。
 卵巣の中に残っている卵子の数は一人一人違い、個人差があります。

 卵子はどんどん消滅して数がどんどん減少するとともに、年齢とともに卵子自体も年をとり古くなります。卵子の質は、その古さ、年齢の影響を直接受け、卵子の数も年齢とともにどんどん減っていきます。その数は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということも起こり得ます。
 そうなる前に、卵巣に残っている卵子の数を推測する手掛かりになるのがAMH検査なのです。
 卵巣予備能を知ることは、不妊治療がいつまでできるかの目安ともなります。AMHによって出る結果は、妊娠できるかどうかではなく、どんな治療であれば、残っている卵を有効に活用できるのかの判断に役立ちます。
 まずはAMHをチェックしてから、ご自分の人生設計を立てることをお勧めします。


AMH・卵子のお話についてはこちら
AMHの詳細はこちら




検査の方法

AMH検査は血液検査 検査は血液検査になります。
検査当日は、問診票と同意書を記載していただきます。

下記の「問診票のダウンロード」、「同意書のダウンロード」から
問診票と同意書を印刷・ご記入いただき、検査当日にお持ちいただけると
スムーズに検査が行えますのでご協力お願いします。

問診票のダウンロードはこちら
同意書のダウンロードはこちら

※当クリニックを受診されてる患者さまでAMH検査を行いたい方は、診察時にお伝えください。
 当クリニックを受診されている患者さまについては問診票、同意書は不要となります。

検査の予約について

 検査の予約は必要ありません。
 下記、検査受付時間内におこしください。
※都合により受付時間を変更する場合があります。
 受付時間の変更を行う場合はこちらよりお知らせしておりますのでご確認ください。

検査の受付時間について

  月~土(日曜・祝日を除く)
  10時00分~12時00分
  16時00分~18時00分
 ※名古屋駅前クリニック・勝川クリニック共通になります。

 ※所要時間:約20分
   (当日の混雑状況により所要時間は異なります。予めご了承ください)
 ※都合により受付時間を変更する場合があります。
  受付時間の変更を行う場合はこちらよりお知らせしておりますのでご確認ください。

検査料金について

  6,500円(税抜)
  ※検査料については、保険適用外の為、自費となります。

検査結果について

検査結果は、2週間後くらいになります。
検査結果はご自宅に送付いたします。

アンチミューラリアンホルモン(AMH)検査のご質問はお電話にてお問い合わせください。

     勝川クリニックTEL.0568-35-2203
     名古屋駅前クリニックTEL.052-551-2203

※AMH検査は卵巣予備能の目安となります。妊娠を保証するものではありません。

AMH値と卵巣予備能評価について

AMH値から卵子の残っている数の目安である卵巣予備能がどのくらいあるのかを判断します。

検査結果ではどの値が正常なのか異常なのかを気にされる方もいると思いますが、実はAMH値で、「正常値」というのはありません。

AMH値を年代別にみると、年齢とともに値は減少する傾向にあり、その統計をとることで、平均値(年齢との相関関係)といわれる統計値はありますが、正常値というものはなく、同じ年齢層に比べ、卵巣予備能が多いか少ないかを判断するものになります。


AMH・卵子のお話についてはこちら
AMHの詳細はこちら

PageTop
​ ​

​ ​ ​
​ ​ ​ ​