診療案内/半導体レーザー照射治療1
​ ​ ​

TOP > 診療案内 > 半導体レーザー照射治療

半導体レーザー照射治療

半導体レーザー身体を傷つけることのない弱いレーザーを使用し、血行改善や新陳代謝を活性化させる治療です。
当院では、レーザーを首や腹部に当てて行います。
全身の血行を促進したり子宮や卵巣の血流を良くする事を目的としています。
また、自律神経のバランスが整えられ、ホルモンの分泌や循環も円滑になり、冷え性や肩こりなどの症状が改善される事があります。
但し、レーザー治療は補助的な治療であり、原因を取り除いたり良くしたりする治療ではありません。

   治療開始時期については、看護師にご相談ください。
   予約はタッチパネルかインターネットでお取りください。

レーザー治療の対象者 治療費・照射時間・回数

・採卵の卵の数が少ない方
・採卵回数が多く反復不成功の方
・AMHが低い方
・勝川で採卵・移植をしている方
・子宮内膜の薄い方
・上記で腹部や下半身の冷えが強い方

・1回30分 3,000円(税抜)
・照射時間は最大15分です
・最高10回まで 頻度は1週間~10日に1回
 (2週間以上間隔を空けないのが理想です)
・治療中は看護師が付き添います

レーザー禁忌の方 治療できない日
・心臓腎臓疾患の既往がある方
・血圧の高い方(最高血圧150以上)

・経血の多い日、不正出血のある日
・妊娠中、妊娠の可能性のある日
・発熱、頭痛、腹痛など体調不良の日
・採卵日(採卵翌日)、胚移植当日
・胚移植後から妊娠判定日まで
・採卵前の夜注射(HCG)を打った後



注意事項

・10分以上遅刻の場合、治療は行えません
 10分前には来院し、会計を済ませてください
・当日キャンセルされる場合は電話連絡をしてください
・お子様の入室はご遠慮ください
・治療の際、ハイネックの着用はご遠慮ください
・腕時計・貴金属やカイロは外してください

※診察日にレーザーの予約をされる場合  ・診察予約時間と同時刻又は直後のレーザー予約はご遠慮ください  ・至急採血がある時はレーザー予約の15分前に来院してください  ・当日の予約は出来ません

遠赤外線療法「サン・ビーマー」についてはこちら

PageTop
​ ​

​ ​ ​
​ ​ ​